飲食店のコンサルティングは難しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店は一見しますと誰でも開業できそうな業種です。
ですから、独立をする際に最も多い業種になっていますが、実際は簡単ではありません。
その証拠にせっかく開業しても廃業する割合が高くなっています。
つまり、お客さんとしてみる飲食店と経営する側からみる飲食店は全く違う側面があることです。
飲食店を経営するときの難しさの一番にあげられるのは競争の厳しさです。
独立をする最も多い業種ですので自ずと競争が激しくなります。
そうしたときに助けになるのがコンサルタントです。

コンサルの仕事内容

コンサルティングとは経営者に的確なアドバイスをすることですが、これは飲食店に限ったことではありません。
ほとんどあらゆる業種においてコンサルティングが存在します。
コンサルを行う対象としては民間の役員など経営者がほとんどですが、ときには行政機関がコンサルを求めることをもあります。
具体的にどのようなアドバイスをするかといいますと、例えばお客様の来店理由や年齢や性別または収入などを分析して売上げをあげる方法を提案します。
こうした対応は簡単そうに思えますが、決してそうではありません。
なにが難しいかと言いますと、アドバイスを受ける側である経営者側が納得することです。
どんなに丁寧な分析をして素晴らしいアドバイスを行っても経営者が採用しなければなんの意味もないからです。
つまり、コンサルティングには売上げまたは利益を上げるアドバイスを考えることと同じくらい経営者の人たちを説得する力が必要になります。
この両方ができて初めてコンサルティングは意味を持ってきます。

飲食店ならではの要素も多い!

このようにコンサルティングは簡単ではありませんが、飲食店の場合はその難しさがほかの業種よりも複雑な面があります。
それは不特定多数のお客様を相手に飲食という商品を提供しなければいけないからです。
普通に考えるならすぐにわかりますが、世の中のすべての人が納得または満足することは不可能です。
しかし、飲食店はその不可能なことの挑戦することです。
例えば、飲食で欠かせない要因は味です。
飲食の世界では「誰が食べてもおいしい味はないが、誰が食べてもまずい味はある」という格言がありますが、こうしたことを前提に経営をする必要があります。
味覚は千差万別ですから、それを前提にしながらも売上げを上げなければいけないのですからこれほど難しいことはありません。
コンサルティングにはこれを実現するための方策を提供することが求められます。
そのためには味覚の知識や情報はもちろんですが、それ以外に若い人の間ではやっていることや高齢者の嗜好などについても勉強することが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*