日本は自動車大国であり、多くの車が日々走っています。
これだけ車が多いと、故障する車や事故を起こす車も多く、その時に頼りになるのが自動車整備工場です。
自動車整備士はいわば職人であり、その腕のよさには惚れ惚れすることがよくあります。
車検の際には自動車整備工場でお世話になることがありますが、普段はそこまで利用しません。
ただ、埼玉に出かけた際にあるトラブルが発生し、埼玉にある自動車整備工場でお世話になりました。

事故を起こしてしまい、修理を依頼

埼玉県に出かけた際、私の不注意で事故を起こしてしまいました。
幸い物損事故で済み、ガードレールを少し壊しただけにとどまったのは奇跡的だったのですが、その代わり、車に多大な影響が出て困ることになります。
勢いはある程度あったので、ボンネットが多少壊れ、それでいてフロントガラスにかなり大きなヒビが入ってしまいました。
これはまずいということになり、慌てて自動車整備工場を探すことになりましたが、なにせ埼玉県のことを何も知らないため、どこに依頼をすればいいかわかりません。
そこで、埼玉県に在住の知人に助けを求めました。
知人は何回かそうしたケースを経験していたためか、すぐにこの自動車整備工場は腕があって素早いと教えてくれたのですぐに連絡を取ることにします。
レッカーサービスでその自動車整備工場まで運んでもらい、車の様子を見てもらうことにし、フロントガラス交換などが必要であることを伝えられ、あとは自動車整備士にお願いしました。

知人が教えてくれた業者がとにかく素早かった

知人がすぐに教えてくれた業者は作業がとても素早かったです。
何より見積もりが素早く、それでいて適正価格で引き受けてくれるので助かりました。
自動車保険を使えばどれくらいで済むかなどを丁寧に教えてくれたのでおおよそのリスクを承知して任せることができるので安心です。
こうした作業は多少時間がかかるものだと思い、1日つぶすのを覚悟していましたがかなり早く終えてくれて、しかもボンネットなどもきれいにしてくれてびっくりしました。
幸いエンジンなどに影響はなく、廃車にせずに済んだのは想定外です。
日本の技術はまだまだ捨てたものではなく、これだけ腕利きの職人がいる日本の未来は明るいと感動すら覚えてしまいました。
普段車検に出している時には、自動車整備士の存在はあまり考えたことはありませんでしたが、これだけのことをしてくれて考え方が変わりました。
日本の車の安全性を支える存在としてこれからはもっと尊敬していこうと思います。